スポンサーリンク

初心者でもWordPressブログのアクセス数を簡単に解析できるおすすめプラグイン!

アクセス集計プラグインをご紹介!

ブログを運用していると「どれくらいアクセスされているのかな?」って気になりますよね?

私は普段からとっても気になっていしまうので、色々なプラグインを試しに導入し、比較検討してみました。

今日はいくつもプラグインを試した結果、私が超絶おすすめするアクセス解析プラグインをご紹介します!

スポンサーリンク

WordPressのプラグインはどんなのがあるの?

私が試した中でおすすめのプラグインは以下の3つです。

  1. WP PostViews
  2. Site Kit by Google
  3. WP Statistics

それではそれぞれ特徴をご紹介します。

ちなみに現在私が使っており、一番おすすめなのはWP Statisticsというプラグインです。

1. WP PostViews

閲覧数を確認するのに特化したプラグイン

これは非常にシンプルなプラグインでインストール後に、WordPressの投稿一覧画面の表示オプションから、「表示数」という項目を有効にすると記事の表示数を投稿一覧画面で表示されます。。

投稿一覧で表示数を確認する方法

これを設定することで記事が何回表示されたかを簡単に確認することができます。

ざっくり数字が見れれば良い方はこれで十分だと思います。

私はユニークユーザー数やPV数を分けて確認したかったので、こちらのプラグインは現在あまり使っていません。

2. Site Kitプラグインを使う方法

Site Kitプラグインを使う方法

Site Kit by GoogleはGoogle Analytics, Google AdSenseなどの各種集計、広告のサービスと連携できる魔法のプラグインです。

正直これさえあればGoogleの各種公式サービスと連携ができるため、これだけあれば基本的に十分です。

また、各機能の設定時にもヘルプが表示されるため、私はAdSenseの設置時にも特に困ることなくブログにAdSenseを設置できました。

ただ一点問題があるとすると、たまにこんなPermission周りのエラーが発生しちゃうんですよね…。

たまに表示される謎エラー

単純に私のアカウントの設定がおかしいんだとは思いますが、毎回発生するわけではなく、たまーに発生するので原因がわからず、困っています…。

3. WP Statisticsプラグインを使う方法

便利なプラグインWP Statistics

そんなこんなでSite Kitの集計が上手く取れているか不安だったので、試しに入れてみたプラグインがWP Statisticsです。

今となっては「入れてみてよかった!」と思えるぐらい便利なプラグインです。

このプラグインの何がすごいって、導入が簡単で、特別な設定も必要無くアクセス数、検索ワード、訪問者数の情報(ブラウザや国など)の情報を一元化して表示してくれるんですよね。

WP Statisticsはこんな感じで表示されます。
パット見で必要な情報をすべて確認できます!

情報自体は設定すれば他のプラグインでも見れるかもしれませんが、私は情報のみやすさが非常に気に入ってこれを愛用しています。

なので現状はアクセス解析はすべてWP Statisticsにまかせて、Google AdSenseの確認はSite Kitを使っています。

まとめ

まとめ

色々揃っているプラグインはもちろん便利ですが、なにかの機能に特化したプラグインは自分の要求とうまくマッチすると非常に使い勝手が良いものがあって良いですよね。

今回私は運良くWP Statisticsに出会えましたが、中々良いプラグインに出会えず、インストールしてはアンインストールを繰り返すことも多々あります。

それでもやっぱり良いプラグインと出会ったときには一攫千金を掘り当てたかのような嬉しい気持ちになりますので、これからもシェアが高いプラグインだけじゃなく、様々なプラグインを試していきたいと思います。

それではみなさん、また良さげなプラグインがあったらご紹介しますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました