スポンサーリンク

マレーシアの活動制限令4月28日まで延長:今後のマレーシアと日本がどうするのか比較

マレーシアではコロナウィルスの対策として、3月18日から活動制限令を発令し不要不急の外出を固く禁じています。

それから約一ヶ月、頑張って引きこもり生活を続けていますが、残念ながら未だコロナウィルスの流行が収まらないことから、マレーシア政府は二度目の活動制限令の延長を発表しました…。

スポンサーリンク

マレーシアの活動制限令の経緯

マレーシアでは3月中旬に、宗教の集会などが原因で爆発的にコロナウィルスの感染者が増加しました。

そしてその直後、マレーシア政府はその自体を重く受け止め、3月18日~3月31の2週間、不要不急の外出を禁じる活動制限令を発令しました。

その後3月下旬に期間が4月14日まで延長され、本日4月28日まで延長されました。

今後の予想

今回マレーシア政府は「コロナウィルスの流行が収まっていないことから活動制限令の期間を延長する」と言っているんですよね。

なので、これもしかしたら5月一杯、下手するとマレーシアでコロナが終息するまで外出禁止になる可能性もありそうですね…。

食料の調達自体は問題ないものの、Daisoとかはしまってるのでちょっとした掃除用品とか日用品が変えないのは辛いです…。

まぁ、ちょっと疲れるぐらいでコロナが一日でも早く終息するなら安いもんです。

日本とマレーシアの対応の違いの疑問

数日前、日本で(ようやく)緊急事態宣言が発表されたと聞きましたが、恐ろしいことに日本人の多くの方は普通に仕事に行って、普通に買い物に行ってるんですよね。

日本にいる知り合いも半分以上普通に出社してるようで心底恐怖しました。

彼らには是非一度パンデミックのボードゲームを遊び、ウィルスの恐ろしさを学んでほしいものです(違)。

マレーシアの現状

マレーシアでは生活に必須なインフラに関するお仕事や、食料系のお仕事以外原則禁止です。(家の中で完結できる仕事はOKです)
無用な外出は規制対象となり、警察に捕まったり罰金刑に処されたりします。

結果として、コロナウィルスは終息していないものの新規の感染者が爆発的に増えることを防止できています。

日本の現状

日本では未だに平日は密閉空間の代表格である電車に乗って、仕事に行っているようです。

頭おかしいですよね。

まぁ部署や会社、国のトップがまともに命令を出さないからそうなるんでしょうが、あまりにも危機感の無い間抜けな話だと思います。

もちろん中にはしっかり自衛し、リモートワークに切り替えたりなんとかして人との接触を割けている人もいると思います。

でも外をほっつき歩いて、感染して、不特定多数にウィルスをばらまく馬鹿が何人かいるだけで、どんなに予防しても感染リスクは跳ね上がります…。

これから少しでも多くの人が危機感を覚え、「仕事を休んででも予防しよう」という人が出てくることを期待しています…。

日本はどれくらい感染者が増えるか

東京都では4月9日に181名が新たに感染していることが発表されました。

コロナウィルスは2週間の潜伏期間があると仮定すると、これからどんなに感染を予防しようが、今既に感染している人はこれから2週間のうちに必ず発症します

ちなみに4月9日から2週間まえの3月26日は、新規感染者は今の約4分の1の47名でした。つまり、これから2週間後には今の4倍の800人前後が毎日新たに感染する可能性があります。

こんな予想は合って欲しくないですが、今の日本はそれほどまでに異常で危険なことをしていると知っていただければ幸いです。

まとめ

マレーシアは活動制限が更に2週間延長されたため、まだ暫く家から出れないなど、非常に窮屈な生活が続きます。

ただし、その分安全に対して全力で取り組んでいるため好感が持てますし、私も頑張りたいと思います。

日本にいる人も「意識しすぎと思われると恥ずかしい」とか「仕事だからしかたない」ではなく、何が何でも自衛のために動いてください。

あなたが感染しなくても、あなたが普段一緒に働いている人たち、同じ電車で通勤する人たち、その多くの中に「1人」でも感染者がいたらあなたの家族や周りの人日と全員に「あなたから」感染するリスクがあります。

今後も少しでも多くのかたが無事生活できることを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました