スポンサーリンク

外国に移住する人全員に必ず知っておいてほしいこと:活動制限令に見る外国人の在り方

以前ご紹介した外出禁止のマレーシアで、外出した日本人が逮捕された件で、ニュースサイトではなんか「あの逮捕にはこんな驚愕な背景事情が…!」みたいに盛り上がっていますね。

日本ではあの逮捕が驚愕するべき事件で、共感も理解もできなかったのかも知れません…。

アレは日本国外での出来事です。

日本の法律も価値観も感情も一切考慮されませんし、考慮する必要性もありません。

今回はマレーシアの実情をおさらいした上で、今までいくつかの国に住んだことある私がマレーシアに限らず日本人が海外に行く / 移住するなら必ず知っておいてほしいことをご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに:日本人が逮捕?外出禁止?なにそれ?

実はマレーシアでは、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために3月18日から4月14日まで活動禁止令という、要は国から外出禁止との命令を下しています。

そんな中、日本人含む外国人がジョギングした上に警官からの警告を無視して捕まったんですよね。

↓活動制限令に関する詳しい情報はこちらから確認できます!↓

マレーシアで日本人が逮捕されたことで、マレーシアの現地事情が話題に

マレーシアのペナンの風景

そんなこんなで日本人含む外国人が逮捕されてから一週間弱、色々なニュースサイトでこんな記事が話題になっています。

マレーシアで「ジョギングで日本人逮捕」が起こった現地事情 外国人駐在員への冷たい視線

マレーシアで「ジョギングで日本人逮捕」が起こった現地事情 外国人駐在員への冷たい視線 (3ページ目)
個人が特定されかねない写真がSNSに上げられ、非難があっという間に集中したのは行き過ぎだろう。しかし、それだけこの緊急事態下でウイルスのさらなる拡散を国民が協力して必死に食い止めるべき段階にあるという…

「外国人駐在員への冷たい視線」とか書かれていますが、その国と国民が大切にしていること、守ろうとしていることを蔑ろにすればそりゃ冷たい視線にもなりますわ

まず、実際にマレーシアに住んでいる私から、マレーシアの温度感や現状を軽く共有しますね。

今のマレーシアってどんな感じなの?

今のマレーシアは外に人が一切おらず、全国民が家にこもっています!

…と言いたいところですが、マレーシアでも外出している人はいます。

活動制限の実情:外出しないでどうやって生活するの?

マレーシアの活動制限は生活に必要な外出のみ、条件を設けて許可してます。

たとえば食品や日用品の買い物は許可されていますが、1世帯に付き1人まで外出が認められています。なので家族で揃ってお買い物とかはNGです。

仕事の食品や医療、インフラ周りのみ営業しており他は全部閉店しているか自宅で仕事な感じですね。

他に捕まった人はいるの?

実は…います。

大量にいます。

こちらが3月末にマレーシア在住日本人に共有された、大使館からのメールです。

1 活動制限令(MCO,マレー語略語:PKP)に基づき,正当な理由のない外出を引き続き控えてください。活動制限令においては,特別な場合(具体的には,公務,必要不可欠なサービス(※官報内で列挙された22サービス)の営業,ドライブスルーや持ち帰り及びデリバリーによる食料の供給,食料や日用品の購入,医療を受ける又は保健省医務技監により許可された特別な場合)を除き,州内での移動(外出)が禁止されています。なお,直近では,3月29日に828名が,翌30日には742名が感染症予防管理法等に違反したとして逮捕され,同30日に165名が起訴されています

在マレーシア日本国大使館からのメールより抜粋

めっちゃ逮捕されてますし、起訴もされてますね。

なので実はランニングで捕まった日本人は氷山の一角で、実際には大量に捕まっている人はいます。今回は単純に逮捕者の中に日本人がいたから日本で話題になっているだけですね。

マレーシア政府は警察のみでなく、軍隊も動員して活動制限令を厳守させようとしています。

マレーシア人は逮捕された人たちについてどう思っているの?

正直なところ、「マレーシア人」とひとくくりにするのはいかがなものかと思いますが、基本的に反感はあまりない印象です。
(少なくとも私の周りの人間は)

この国に住む人からしたら、政府の発令は従うものと認識していますし、それを破った結果の処罰は自業自得という認識のようです。

毎日の決まった場所でのお祈りを欠かせないイスラム教の信者の方ですら、非常時なので自宅でのお祈りをするしかないと言っているぐらいですからね。

ただもちろんここはマレーシア、深く考えない人が多いため外出を続ける人はいます。

政府はもちろん対策していますし、そんな彼らを捕まえるために警察や軍を動員しているんでしょうね。

日本人が海外で住むために必ず知ってほしいこと

それでは本題に入りましょう。

「日本人が海外で住む」という単語を見るとなんとなくセレブな感じだったり、ちょっと旅行チックでおしゃれな感じをイメージする方が多いと思います。

実際は違います。
(もちろん一部のお金持ちの方々はそういう生活をしていますが…)

日本人が海外で住むということは、外国人が自分の国に住むということ

1つ必ず覚えてほしいのが、我々日本人は別の国にお邪魔している状況ということです。

日本以外の国で住むということは、その国の価値観を常識として捉え、その国の国民と一緒に暮らすということです。

日本と違う。日本ではできることができない。日本にあるものがない。海外に住む場合、そういうことが大量にあります。

ただ、気をつけてください。

そこは日本ではありません。

日本にいる西洋人が「僕の国では挨拶さ」とか言って勝手にハグしてきたら嫌ですよね?勝手に英語で話しかけてきて「英語もわかんないの?」とか言われたら嫌ですよね?

海外で「日本では〜」をするのはそれと同レベルです。気をつけましょう。

郷に入っては郷に従え:別に彼らは日本人を歓迎しているわけではない

外国人が海外で住む場合、通常滞在する国の政府に滞在ビザを発行してもらい、入国します。

その際政府はスキルや仕事の情報を確認し「我が国の利益になる人間か」「滞在を許可しても良い人間か」を判定し、ビザを発行します。

当然のことですが、大切なことです。

別にその国は「日本人だから歓迎」しているわけではなく、国の利益のために入国を許可しているのです。

例えばご近所さんにご招待されて一緒にお茶するとなったとき、「私お客様なんだからもっともてなしなさいよ!」なんていったらヤバい人ですよね。

入国許可されたからって、招待されたからって、節度はしっかり守りましょう。

そしてその節度は日本人の節度ではなく、滞在先の国の節度です。

郷に入っては郷に従え。私達日本人はあくまでお邪魔させてもらっている身なので、しっかり節度は守りましょう。

マレーシアの今回のケースに照らし合わせてみよう

それでは最後に今回起因となったジョギングで逮捕された日本人の記事のタイトルを見てみましょう。

マレーシアで「ジョギングで日本人逮捕」が起こった現地事情 外国人駐在員への冷たい視線

マレーシアで「ジョギングで日本人逮捕」が起こった現地事情 外国人駐在員への冷たい視線
現在、世界各国は続々とロックダウン(都市封鎖)を宣言し、厳しい罰則や禁錮刑などを科す国も出てきた。私が住んでいるマレーシアでも、アジア初の「事実上の国境封鎖」と「活動制限令」が発動され、当初2週間(3…

外国人駐在員への冷たい目線。

外国人駐在員と書くとなんかふわっとしてしまいますが、要は「マレーシアで暮らす日本人」です。

実際にどんな「現地事情」なのか

この記事で書かれている状況をまとめると

  • マレーシア人は政府に従い、色々犠牲にしながらも外を歩くことを我慢していた。
  • そんな中、ジョギングする外国人集団を発見。SNSで晒す。
  • 即座に拡散され、SNSを見た警察出動。
  • 警察に反抗した外国人逮捕。

ツイッターか2chでまとめられそうなレベルですね。
拡散されて当然ですし、警察も即座に反応してむしろ偉いと思います。

分かりやすくしてみよう

ジョギングだの警察出動だの、日本ではあまりイメージ湧きづらいですね。なので試しに日本バージョンを考えてみましょう。

これを今の日本に当てはめるとこんな感じでしょうか。

  • マスク品薄のため個数制限を設けて販売、日本人はマスクが買えなくても我慢していた。
  • そんな中、店中のマスクを買い占めようとする外国人集団が来店。SNSで晒す。
  • 即座に拡散される。店は買い占めを防止しようとする。
  • 外国人集団は暴れだし、力ずくでマスクを買って逃げる。

日本では警察も軍も出動しないので、結末はちょっと変わりますが、迷惑レベルとしてはこれくらいでしょうか。

相当迷惑な外国人だと思います。

海外にいる日本人は日本代表

「迷惑な外国人だなー」で終わるならまだ良いのですが、外国人が何かをやらかすとき「〇〇の国の人間はこれだから嫌なんだよ」まで発展する危険性があります。

日本にいても「中国人は」とか「韓国人は」とか聞きますよね?

もちろんレッテル貼りは良くないですが、海外に住む人 / これから海外に行く人はそうなってしまうリスクを懸念してほしいです。

どんなリスクが発生するの?

例えば日本人の田中さんが海外で酔っ払い、バーの中で暴れたとしましょう。

この場合、お店は暴れた張本人の田中さんではなく、日本人を全員入店禁止にする可能性があります。

人種差別にも繋がりかねないので実際するかは別として、そのようなリスクが発生します。

日本でもガタイの良い黒人がいたらちょっと緊張しますよね?映画の影響でスラム街だったり暴力的なイメージで見ちゃいますよね?

日本国外で見る日本人もそんな感じです。

自分が知ってる日本人の知り合い / キャラクターが全部の日本人に当てはまると思っちゃうんですよね…。

まとめ

いかがだったでしょうか?

海外生活をされている方、これから海外へ行く方にすこしでも共感いただけたら幸いです。

海外で合う日本人の中には未だ「俺は日本人様だぞ」な方がいるので、これからすこしでもそういう方が減り、現地の方々と良い関係を築ける日本人が増えていくことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました