スポンサーリンク

外出禁止破った日本人逮捕:マレーシアにて

みなさんこんにちは。みなみです。

先日マレーシアで新型コロナウィルスの完成拡大防止のため活動制限令が発令されたという記事を書きましたが、マレーシア在住の日本人が早速やらかしてくれましたね。

外出禁止中のマレーシアで、ジョギングのために外出して逮捕されました。

もうね、アホかと思いましたね…。

スポンサーリンク

マレーシアの活動制限令について

マレーシアではコロナウィルスの感染者が増加しており、感染の拡大を防ぐために3月18日から4月14日の期間の間、行動制限を発令しています。

今回発令された活動制限令は、食料品や日曜品など生活に必須な買い物、もしくはインフラやセキュリティ周りの生活を保つために必須な仕事以外での外出を禁ずるという厳しいものです。

また、買い物に行く際も複数人での外出は許されず、1世帯につき1人まで外出を認められています。

及び在マレーシア日本大使館から、外出の際には必ずパスポートを常に身につけるようにと連絡が来ています。

ちなみにですが、活動制限令の間は特定の業種以外は「仕事のためにオフィスに行くこと」も禁止されています。そのためマレーシア内の各企業は自宅勤務に切り替えるか、この期間休業を余儀なくされています。

日本の知り合いから「今でも毎日電車で出勤している」という話を聞くので、日本も同じように外出禁止にしたら良いのになぁ…と思ってしまいます。

活動制限令を破った場合の罰則について

活動制限令を破った場合、1000リンギット(約2万7千円)の罰金や6ヶ月以下の禁錮刑に科される可能性があります。

政府が発令した活動制限令を破った場合は上記の刑罰に問われます。つまりこの発令を破ることは「やっちゃった(てへぺろ)」で済むものではなく、条例違反、要は犯罪行為を犯したということになりますのでご注意ください。

今回の逮捕について

今回はおそらくマレーシアで活動制限令が発令されて以降初の日本人逮捕案件と思われます。

ニュースによると、3月28日午前に日本人を含む4人を含む11人がジョギングのために外出したところ、警官に自宅に戻るように警告されましたが、それを無視してジョギングを継続した11人全員が逮捕されたとのことです。

交通事故でもあまり働きたがらない警察官ですが、さすがに今回は働いてくれましたね。

というより世界的にパンデミックになっている現状で、集団でジョギングに出るのはあまりに酷いですね。しかも何を思ったのか警官の警告を無視しているし…。

見せしめの意味も込めて、無事逮捕できてよかったです。

まとめ

マレーシアに限らずですが、現在発令されている活動制限令は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐためです。

これを破る場合、国に背くということですし、正直バイオテロに加担しているレベルということを認識してほしいですね…。

新型コロナウィルスがどれだけ危険か、致死率がどうこうは色々議論されているところではありますが、新型コロナウィルスは高い感染力を持ち、各国が非常に恐れ警戒しているということは揺るぎない事実です。

「ただの風邪みたいなものでしょ?」とか「かかっても死にはしないし」という意見もありますが、暫くは皆で我慢して、世界規模でのパニックを防ぐために感染拡大の予防に協力してほしいなと願っています。

私も今、新型コロナウィルスのせいで日本に滞在している家族と合流できず、これから更に数ヶ月、下手すると1年ぐらい一緒に暮らせない状態となってしまっています。

なので一刻も早く終息宣言まで収まることを期待しています…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました