スポンサーリンク

ブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーの役割とは?一緒にされがちな役割を個別に解説!

みなさんこんにちは。みなみです。

日本ではあまりメジャーな職種ではありませんが、海外で働く日本人のエンジニアの多くはブリッジエンジニア(BE)という職種で働いています。

ブリッジエンジニアは日本国内で一般的でないためか、残念なことにプロジェクトマネージャー(PM)とごっちゃにされていることが多く、「ブリッジエンジニアのはずなのにプロジェクトマネージャーの仕事やらされてない?」とか「社内の誰もブリッジエンジニアの役割をわかっていない…」ということになりがちです。

なので今回はブリッジエンジニアを目指す方、およびブリッジエンジニアと一緒に働く方向けに、ブリッジエンジニアの役割や、プロジェクトマネージャーとの違いをご紹介します。

プロジェクトマネージャーとの違いだけを知りたい方はここから飛んでください。

スポンサーリンク

ブリッジエンジニアってなんなのさ?

まずブリッジエンジニア(BE)についてご紹介します。

プロジェクトマネージャーは名前の通りプロジェクト(案件)をマネージ(管理)する人のことですが、ブリッジエンジニアは2つの企業の橋渡しをするエンジニアのことを指します。(ここでいう橋渡しとは言語が違う2社を繋ぐ、技術および言語的な面で両者と連携をすることを指します。)

多くの場合、ブリッジエンジニアはオフショア開発を行う現地の企業で求められ、日本のクライアントからもらった仕様や要望を現地のメンバーに共有する役割を担います。

補足:オフショア開発とは?

オフショア開発とは国内の企業が、国外の企業へと開発業務を依頼することです。一般的に東南アジアなど、日本より人件費が安い国へと依頼するのが主流です。

ブリッジエンジニアに求められる役割

ブリッジエンジニアはクライアントと自社の連携役です。

そのためブリッジエンジニアはプロジェクトの仕様、技術的な内容を熟知し自社メンバーへの共有したうえで自社メンバーが想定通りに開発しているかを保証する必要があります。

海外で日本のクライアントと働く場合、仕様書や要望書が日本語で来ることが多く、現地のメンバー(外国人)はどうしてもドキュメントを深く理解することが難しく、仕様の理解度合いが浅くなります。

現地のメンバーは外国語のドキュメントの理解が難しく、日本のクライアントは英語ができず、英語でドキュメントを書きたくないというすれ違いが発生し、そのまま仕事をすると大量のコミュニケーションミスや仕様の認識漏れが発生します。

そんな状況を打破するためにたてられたポジションがブリッジエンジニアです。

ぶっちゃけ日本の会社がうまく海外の会社をコントロールできないからなんとかしてよ、という理由で作られたポジションだと思っています。

ブリッジエンジニアに求められるスキル

それでは続いてブリッジエンジニアの必須スキルについてご紹介します。

開発スキル

前提として、ブリッジエンジニアは名前の通り開発スキルが必須です。

また、ただコードを書くのではなく仕様を定義する、設計する、開発中のコードの品質保証をするなどいわゆるシステムエンジニア(SE)的なスキルを要求されます。

ここに関しては日本でシステムエンジニアとして上流工程の経験があれば問題ないと思います。もし経験がない場合はブリッジエンジニアになる前に、設計の良し悪しを体感的に理解できるよう、システムエンジニアとして経験を積むことをおすすめします。

コミュニケーションスキル

ブリッジエンジニアは数あるエンジニア職の中でもコミュニケーションスキルを必要とされます。なぜなら日本からの無茶な要望や日本人の常識を、現地のメンバーとうまく調整する必要があるからです。

先述の通り、日本の会社の多くは海外の会社と上手に働けません。なぜなら日本の会社の多くは「日本人の常識」「日本の仕事のやりかた」という世界レベルでは非常識なことを常識と思って仕事をするからです。

オフショア開発に慣れている会社は別ですが、多くの場合当然のように残業前提のスケジュールを組ませたり、企画書レベルの設計書から始め度重なる仕様変更をスケジュールの変更なく完了するように要求してきます。

ブリッジエンジニアはこの要求を元に、現地の価値観や働き方にある程度マッチするように調整する必要があります。なぜなら残業前提のスケジュールや仕様変更前提のプロジェクトではメンバーは納得して働きません。そして日本と違い嫌な職場からはさっさと転職して去って行きます。

そのためブリッジエンジニアは日本の会社とは日本人の価値観をベースに交流し、現地メンバーとは現地の価値観をベースに交流する必要があります。

まさに中間管理職ですね。

コミュニケーションに失敗すると現地メンバーが去って行ったり、日本のクライアントからの満足度を保てず、継続案件が見込めない状態に陥る危険性があるので気をつけましょう。

プロジェクトマネージャーってなんなのさ?

それでは続いてプロジェクトマネージャーについてご紹介します。

プロジェクトマネージャーは名前の通りプロジェクトを管理し、物事が想定通り進展するように調整する人物を指します。

プロジェクトマネージャーに求められる役割

プロジェクトマネージャーの役割はプロジェクト全体の進捗管理です。そのため開発以外にも、プロジェクト全体の状態を把握し、課題を洗い出し調整することを要求されます。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーに求められるのは一にも二にも管理力です。

進捗管理

プロジェクトマネージャーに一番要求されるのは進捗管理スキルです。プロジェクト全体を俯瞰し、発生した課題を即座に把握、解決することを期待されます。

プロジェクトがスケジュール通りに完了すればプロジェクトマネージャーとしての役割は達成できたと言えますし、逆にスケジュールが破綻したらそれはプロジェクトマネージャーの責任となります。

ドキュメント管理

またプロジェクトマネージャーは多くの情報を把握し、それらをクライアントや社内メンバーなどに共有する必要があるため、情報を適切にドキュメント化する必要があります。

ドキュメントの作成に伴い、プロジェクトのファイルをどう管理するかを定義するのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

メンバー管理

メンバーの状態管理もプロジェクトマネージャーの重要なスキルです。

プロジェクトを継続的に運用するためには、メンバーが無理なく適切に働けているかの管理が必要になってきます。たとえプロジェクトが無事完遂したとしても、メンバーに無理を強いていた場合、そのメンバーはプロジェクトが終わった頃には転職してしまうでしょう。

ブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーの違い

実際ブリッジマネージャーとプロジェクトマネージャーは何が違うのでしょうか?細かい定義はいくつもあるでしょうが、私はお互い最も優先する目標が違うと考えています。

ブリッジエンジニアは技術的な課題を解決するのが目標ですが、プロジェクトマネージャーはスケジュール通りにプロジェクトが完成するのが目標です。

もちろんプロジェクトを成功させるという点では一緒ですが、そこに至るまでのアプローチ、優先的に解決すべき課題は違います。

それでも多くの会社ではブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーが上手く分離できず、ブリッジエンジニアが二足の草鞋状態で仕事をこなすことが多々あります。

なぜブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーは上手く分けられないの?

ブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーの役割は明確に違うのに、なぜ切り分けが難しいのでしょうか?それはひとえにオフショア開発の言語対応の難しさが原因です。

オフショア開発をする際、クライアントの会社は日本語で対応し、現地の会社は英語など日本語以外の言語で対応します。そして現地の会社は日本人の社員数が少なく、人件費が安めの現地メンバーで固めていることが多いです。

ブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーにそれぞれ日本人を起用する場合、日本人2人分の人件費がかかります。そのためプロジェクトマネージャーに現地のメンバー、もしくはプロジェクトマネージャーを排除しその仕事をブリッジエンジニアに丸投げされる場合もあります。

プロジェクトマネージャーがいない場合はもちろんですが、プロジェクトマネージャーが日本語不自由な場合、結局日本人との会議や細かい調整はブリッジエンジニアの担当になってしまいます。

その結果、日本からブリッジエンジニアにプロジェクトマネージャーのような役割を期待され、ブリッジエンジニアなのにプロジェクト管理や調整タスクが積まれてしまうようになりがちです。

どうすればブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーは上手に分けられるの?

ブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーの切り分けを行うためには、前提として自社、そしてクライアントがブリッジエンジニアの役割の範囲をしっかり理解する必要があります。

その上でプロジェクトマネージャーには日本のクライアントとコミュニケーションを取り、管理や調整するスキルを持った人物を立てる必要があります。その際プロジェクトマネージャーはネイティブの日本人でなくても良いですが、せめて日本語での交流が可能、もしくは通訳をつけて日本のクライアントと交流可能な状態である必要があります。

ちなみにですが、私が知っている限り日本語で同時通訳できる人がいる会社は稀ですし、プロジェクトマネージャーを社長や役員が兼用しているケースが多いです。そしてその場合、内部的な作業は結局ブリッジエンジニアに投げられがちです。

ブリッジエンジニアとプロジェクトマネージャーを上手く分けるためには、なによりまずプロジェクトマネージャーとして動ける人間をブリッジエンジニアとは別にチームに入れる必要があります。

人件費や人員の都合で難しい場合が多いと思いますが、これができない場合はブリッジエンジニアに2人分働けと言っているのと変わらないと思ってください…。

そしてこれができない会社にはオフショア開発を依頼すべきではないですし、オフショア開発を受けないで欲しいです…。

まとめ

ブリッジエンジニアの役割はプロジェクトの技術的な仕様、課題を把握した上で日本のクライアント、自社のメンバーとの仲を取り持つことです。

対してプロジェクトマネージャーの役割はプロジェクト全体の状況の把握、およびプロジェクトが予定通りに進行、完了するように調整することです。

ブリッジエンジニアがいる場合、企業はプロジェクトマネージャーの人件費を抑えるためにブリッジエンジニアにプロジェクトマネージャーの役割を求める傾向にあります。

そのような状態がまかり通ってしまうとブリッジエンジニアとしての仕事や責任が倍増してしまいます。

そのためブリッジエンジニアとして就職する際、またはプロジェクトに入る際は必ずプロジェクトマネージャーの有無、そしてプロジェクト管理をプロジェクトマネージャーがしっかりと完遂できそうかしっかり見極めましょう。

もしプロジェクトマネージャーがいない等の理由でブリッジエンジニアに不必要な負担を強いる場合、その会社に未来はありませんのでとっとと転職することをお勧めします。

国にもよりますが、日本国外では転職のデメリットは少ないことが多く、特に我慢して会社にしがみつく必要はありませんので…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました