スポンサーリンク

マレーシアローカル飯:Char Kuey Teow

Pandaでのお店のページ。

今日はAzimuddin Char Kuey Teow (Infront Vista Angkasa)というお店のデリバリーレポート!

注文したのはこちら!

  1. Char Kuey Teow Special
  2. Char Kuey Teow Kerang

それでは早速…実食!

スポンサーリンク

Char Kuey Teowってなに?

…とその前に簡単なメニュー紹介です。

Char Kuey Teowはマレーシアの国民的な麺料理で、現地の言葉で「かき混ぜて炒めた紐状の米餅」という意味です。

感覚としてはとっても柔らかいうどんとビーフンの間…でしょうか?
実際に食べたところ、感想としては焼きうどんに少し近しい感じでした。

日本ではあまり味わったこと無い食感で、ぷにぷにと柔らかくて、すいすいといくらでも食べられちゃう。そんな麺料理です。

感覚としてはベトナムのPho Xao(炒めフォー)に近いのかな?

Char Kuey Teow Special

今回頼んでみたのはお店の看板商品であるこちらのメニュー!

Char Kuey Teow Specialの商品ページ

エビが丸ごと入っててお得な感じ😘

パット見た感じ、味やスパイスが濃そうかな…?🤔
と思ったのですが実際は全然辛くなく、もちもち麺でさくさく食べられちゃう一品でした!!
エビや貝類の風味がしっかり効いてて、いくらでも食べられそうなお味🥰

デリバリー時はこんな感じで容器に入ってた

ちなみにデリバリーでは上記のようなタッパーに入ってて、付け合せが別のジップロックに入ってました。
付け合せはだいぶ辛いので、別々に分けてくれてるのは非常に助かりますね😌

器に盛り付けてみた

お皿に盛り付けてみたらこんな感じ。
写真よりエビの数が少ない気がするけど美味しそうですね!😁

まるごと入ってるエビはじっくりと柔らかく調理されていて、殻ごとまるっと食べられました。
(ローカルの人は頭を残して食べている人が多かったため、私も一応今回は頭を食べずにおきました。)

こちらはお値段定価10rm(約250円)!
(今回はまとめ買いキャンペーンで少し値下げしてました)
こちらのお店の他のメニューと比べてすこーし高めではありますが、その分エビが乗っててお得な感じですね٩( ‘ω’ و)

Char kuey Teow Kerang

続いてこちら!

Char kuey Teow Kerangの商品ページ

Kerang = 貝

シーフード麺…かな?🤔

実際の商品を器にうつしてみたらこんな感じ!

Char kuey Teow Kerang

パット見た感じ貝が入って無くて「貝は…?」となったのですが、一口食べてみたところしっかり貝の風味が聞いていましたフム(( ˘ω ˘ *))フム

そして写真では分かりづらいですが、しじみのような小さな貝の具がいっぱい入っていました!🥰

はじめはちょっとびっくりしましたが、お値段的にも手頃で海鮮のダシがしっかり聞いていて、毎日のお昼ごはんとかちょっと小腹が空いた時に適したメニューですね😊

こちらの値段は…定価8rm(約200円)
(今回はまとめ買いキャンペーンで少し値引きしてました)

職場付近にこのお店があったら、お昼ごはんの時に寄りたいようなそんなお店でした😋

付け合せにご注意

ちょっと辛みが欲しいな、と思った時用のこちらの付け合せ。

非常に辛いです、ご注意ください。

見たとおりですが、まんま酢漬けの唐辛子でした。

ひとかけら食べただけで口がヒリヒリするようなレベル…😅

辛いのが得意じゃない人は、付け合せの量に注意してくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました